腐女子海外ドラマ探検

最近の海外ドラマはイケメン俳優が目白押し!しかもBLテイスト多いんですっ♡そんな腐女子のつぶやきです・・・

腐女子

アーサー王と円卓の騎士は古代BLらしい・・・

ここまで来ると、さすがにイギリス人って、古代ロマンに満ち溢れた人々と思いますΣ(=゚ω゚=;)
これは、「週刊ワールドニュース 2003年8月5日」版に掲載されたものらしいですが・・・
※そんな新聞あるのか・・・(笑)
アーサー王と円卓の騎士はゲイだった」と、歴史専門家は語る
(ロビンフッドと、タイツ姿軍団だけならず・・・)

IMG_0497

えっ?! アーサー王とその円卓の騎士たちも、ゲイなの?」
歴史的有名人は男性同士愛し合う人が多い・・・アレキサンダー大王は男性しか好まなかったという話だし、ローマ帝国のハリアドヌス帝もそうだったし、日本人でも織田信長はそっちの人だったらしいし・・・そういえば、高校生の時、井原西鶴の「男色大鏡」を図書館で読んだ記憶あり。日本では江戸時代まではホモセクシャルには寛容だったらしいが・・・(儒教の観点から忌むべき事とはされていたが・・・)

私が読んだアーサー王の本(「Exploring the World of King Arthur」)では、「アーサー」とは伝説上の人物で、存在自体が王だったかも不明だし、戦闘的に優れたリーダーだっただけかもしれない、と言う趣旨だったので、本当に実在したブリテンの王かどうかは不明。ましてや円卓の騎士も、特にイケメンで有名なサー・ランスロットと、アーサーの妻グウィネビアの不倫愛は、ヨーロッパでアーサー王伝説が広まった後に、フランスでつけ加えられたらしいです。

おそらくこの記事は、アーサー王と円卓の騎士の伝説が、後世の時代のジェフリー・オブ・モンマスなどの歴史作家たちによって、読み物として確立された物語をベースに、ゲイ・ストーリーを(妄想)展開しているのかもしれません。

でも、私もそういうの好きですけどね…(
笑)
この記事のポイント(物的考証がないので、この専門家の主張だけですが・・・)
ちなみにこの専門家の本のタイトルが「ゲイ・キャメロット城」(笑)

  • 歴史上のアーサーが生きていた暗黒の時代は、ホモセクシャルは「罪」とみなされなかった。
  • 後世の時代の歴史家、ジェフリー・オブ・モンマスらが、アーサーと騎士たちの「ゲイの偉業」を恥ずかしく思い、捕らわれの姫君を勇者が救うというロマンティックな話をつけて、彼らの物語を男らしい騎士の話にした。
  • 彼らはホモセクシャルを誇りとしていた。女性との性行を避けることは、純潔の証しであり、女性を近寄らせない事が、騎士道精神だった。事実、キャメロット城は女人禁制だった。
  • 円卓の「円」は、西洋文化では、最も古い「女性らしさ」の象徴であった。またアーサーの騎士は「ペンダント」をシンボルとしてつけていた。これは若い男子をリクルーティングするための「印」のようなものである。
  • アーサーは若い頃、魔術師「マーリン」によってホモセクシャルの洗礼を受けた。鮮やかな衣装で、ガウンを羽織り、女装のような恰好をすると、本には書かれていた。
  • 特に、美少年のサー・ガラハットは、乱交好きなホモセクシャルで、少なくとも6000人の男性と床を共にしたらしい・・・(まじか・・・誰が数えたんだ)
  • グウェネビア女王は決してサー・ランスロットと不倫をしなかった。むしろ、夫のアーサー王がランスロットに、何度も「槍で突かれた」ーLance-a-lotーランス・ァ・ロット(ダ…ダジャレ?)
  • グウェネビアはキャメロットで唯一の女性で、名前だけの妻だった。彼女は今日で言う「ファグ・ハグ 」(ゲイと一緒にいるのが好きな女性)であった。(やはり、古代から”腐女子”はいるのですね!)
  • しかし、アーサーの騎士たちは、決闘では手ごわい輩であった。彼らは、ハンサムで、たくましい男性に出会うと、彼はアーサーの軍団であることをペンダントをキラキラさせて証明し、決闘を申し込んだ。相手側の男は、こんな「女々しい」男をさっさと殺すのは朝飯前と、決闘に挑んだ。しかし、大抵がアーサーの騎士たちに負けた。そして、円卓の序列に加わることを余儀なくされた。
確かに他の歴史家たちと一致している点は、アーサーには子供がいなかった、と言うところですね!つまり、アーサーは純潔だったのでしょう

ところで、アーサー王と円卓の騎士の物語は、現代のテレビドラマや映画でも観れますが、中でも面白いのは次のドラマです。

魔術師「マーリン」(イギリスBBC制作)
若き頃のアーサーとマーリンの友情と冒険を描く!(この2人にゆるいBL感あり)
https://www.mystery.co.jp/programs/merlin
1200x630bb[1]

腐女子って何・・・??世界のロッテンガールズ

腐女子って、分からない人は、全く分からない世界だと思います(*゚∀゚)っ
LGBTQの当事者たちの中に入ることもできず、かと言って、普通のヘテロセクシャルな人々の生活枠にも、どちらにも所属しない女子。
もちろん法的にもまだ整備されていません(笑)

腐女子とは⇨ 基本的に男女のラブシーンや、ほろってくるようなトキメキシーンにはかなり無反応で、反対にイケメン男子同士が見つめあったり、もどかしい思いをしながらキスしたり、身体を少しでも密着させたりすると、ドキドキするんです。これはもうやっぱり、普通のストレートな人たちとの反応違うので、性的マイノリティーの枠に入れて欲しいです(・∀・)


「腐女子のつ〇井さん」と言うマンガ出てて、めっちゃ面白いんですけど、同じ腐女子でも、彼女たちは私とは違う派閥だなと思うし、、、何しろ彼女たちは20代。これから腐女子を卒業する可能性もあるわけですが、私はすでに世間の荒波をそれなりにかいくぐってきたアラフォー、腐女子というよりは腐レジェンド?

*思い起こせば、小6の時に初めて「同性愛」という概念を、社会科の先生から明確に教わった記憶あり。それから、何故かすでに「ジュネ」を購読しており、中学の時は弟の「少年ジャンプ」を取り上げて、勝手な押カプでお絵かきしました。高校の時は「トーマの心臓」「日いずるところの天子」などの名作古典マンガを授業中に女子と回し読み・・・)

しかし、同時に、ブリティッシュ洋楽ファンだった私は、メジャー、インディー問わず、西欧の美しいお兄様たちの怪しげな歌とパフォーマンスに心を奪われてしまい、さっさと2次元の翼君や聖也たちを卒業し、更なるリアルで腐った3次元の世界を求めて、飛び立ったのでした・・・。
もちろん、高校・大学の時は、外国の「腐向け」名作映画を鑑賞。

*いわゆる「モーリス」や「My Beautiful Laundrette」「蜘蛛女のキス」「ブエノスアイレス」など・・・当時は男同士のインディー映画の深夜番組があったのです
そして、心は海外のロッテン場へ

だって海外の方が、本物多いじゃん!!Σ(=゚ω゚=;)

元々、私の英語の勉強の原動力は、どうしても欧米の「腐」文学がすらすら読みたい!欧米の「腐」映画を字幕なしで理解したい!!いう下心満載なものでしたので、それなりに三島由紀夫の「仮面の告白」などは読んでいましたが、そうじゃなくて、実際に映像•ビジュアル枠で、男同士の愛を魅せてくれる映画が観たい!そしてその原作が読みたい!

これが私の生きる道!(゚∀゚)アヒャヒャ

そんな私はイギリスなど、ゲイの人たちがお盛んな国に回遊していて、とうとう世界の腐女子=ロッテンガールズ!!と友達になりました!イタリア人と韓国人の腐女子たち。
彼女たち、自国のテレビで日本のアニメを見ていた輩らしい。(やはりスタートはアニメか)イタリアでは80-90年代、ゴールデンタイムに日本のコアなアニメが何度もテレビ放送されていたそう。もちろん主題歌も歌える・・・(笑) そんなイタリア人の女の子たちの押しカプが、日本と全く同じで笑えました。(゚∀゚) 韓国人の女の子たちはすでにオリジナル同人誌を作成していて、「薄い本」を見せて下さいましたよ。(しかしハングル分からず何とも言えず・・・絵は上手でした)なんとそれが、15年前だからね!!

ああ、腐女子って日本独特の文化ではないのだな・・・としみじみ思いました。.。゚+.(・∀・)゚+.゚

今となっては、世界中にロッテンガールズが蔓延していることが、コミコンの動画を見てても分かりますよね。
しかも、あちらはゲイカップル役、あるいはそれらしき2人組が出てくるドラマの俳優さんたちが、パネリストに出てきてくれたりして、すでにファン(腐女子)のためのトークショウになっているので、素晴らしいです!

あと「Tumblr」とかも、ロッテンガールズのフォト、GIF、ブログ、お絵かき満載ですし、AO3には、ドラマの二次創作小説がひしめき合っています。カップリングもちゃんと書いてあるので、検索しやすいですよでも主に英語ですが・・・

シャドウハンター The Mortal Instruments

シャドウハンター/Shadow Hunter (ネットフリックス オリジナル) ドラマ版!!

同タイトルの映画版(リリー・コリンズなどが出演している方)はどうでもいいんです。腐女子的には(笑)(好きな方すみません…)(´;ω;`)

でも、でも、でもっ!! ネフリのドラマ版の方が数百倍、面白いんです!!
ヒロインとそのお相手の騎士は定番なんですが、その定番以外に、ユニークなキャラが沢山出てきます。
シャドウハンターの世界は、天使や悪魔以外にも、シャドウハンター(天使と人間のMix)とか、ヴァンパイア、狼男女(ウェアウルフ)、妖精族、魔術師など、が入り乱れています。

で、どちらかというと、周りの濃い人たちの話で盛り上がり、話が大混乱していきますので、心の中では収集つきません(゚∀゚) 
そんなんいいんか (´・ω・`) 

もちろん、ガチホモっぷるいます → 海外腐女子がつけたカップルネームは…マレク!!!

アレク(シャドウハンター、イタリア系イケメン)とマグナス(高位魔術師、アジア系筋肉系)を、ただ単に合わせただけですね・・・
あ、マグナスは、あのGleeに出演していたマイク(ハリー・シャム・Jr)ですね。ゴスパンクなメイク(むかーし、昔のRCサクセションみたいなやつ)と、ダンスでやってたんだか、何だかよくわからない怪しい手の動きが、マイクだなーっと思います。

それはともかく、背が高くてシャイでぶっきらぼうなイケメンのアレクの恋が・・・いじらしくて泣けます
最初、アレクがなぜか主人公のクラリー(人間/マンダイン)にめっちゃ冷たいんです。次第にそれが何故なのかわかってきます。
(もう、お気づきですねっっ ワクワク ドキドキ
なぜならそれは・・・

クラリーが、自分のパラバタイ(シャドウハンターのツインソウル)である、ジェイス(イギリス系イケメン)のお気に入りの女の子だったからですね。アレクは小さい頃からずっと自分のパラバタイであるジェイスに恋をしていたのです。
それがある時にばれてしまいます。それに気づいたのが、妹のイジーとマグナス!!!

はい、今日はここまで・・・

NetflixのBLドラマがすごい(笑)

突然ですが、ネットフリックス(Netflix)のドラマ、観てますか?(*゚∀゚)っ

アマゾン(Amazon)もプライム会員になると見れるドラマが多くあるようです。HBOの大作、ゲースロ(The Geme of Thrones) とか、観れますよ! 
Huluとかもね、良かったですが。今は見てないんです。

何しろネットフリックス(以下ネフリ)は、オリジナルがあるし、そのドラマ・映画の選択にはマーケッターの濃い趣味が反映されていて、楽しすぎます 
※ちなみに私のネフリの全体像はこんな感じです。デアデビルも好きですが・・・

netflix-pal01

しかし、BLも百合もクイアもあるのですが、ネフリ日本 or アジア?はまだまだ限定(厳選?)されている模様。
Netflix(英)(米)ですでに配信されているBLドラマは、日本では配信されていないという現象は起きています。
おそらく字幕が追い付かない関係か、それとも日本では受け入れられないと思われているか??
著作権の関係か?


例えば、Gayの海外ドラマDVDは、アジアの中でも中国・韓国・タイなどはローカライズが早く発売されており、日本だけ遅れているという状況。(なので英語版を買うしかありません・・・)

動画配信のマーケッター様、日本のサブカル文化をもっと研究してください( ;∀;) 

すごいよ!

日本の腐女子が喰いついた獲物は、生活費なんか削ってお金払いますよ!
なぜってBLは日本の伝統文化ですから(笑) (50年前くらいから・・・)


私がネフリで早く見たいBL映画
God's Own Country  →早くしてーーーーー!!(ネットフリックス英では配信されたとのこと)

Call Me By Your Name → 映画公開の情報さえ遅かったので、すでにDVDインポートしました・・・
注)ネフリで配信はされていません(いつかされるかもしれませんが)




ダウントンアビーのトーマス

Downton Abbey
ダウントンアビー/ダウントン・アビー 

「あー、NHKでやってるイギリスのお貴族さまのドラマねー、なんか辛気臭いみたいな感じの…」と友人に言われてしまったので、

それ、大間違いなんだけど!!!!(゚Д゚)ゴルァ!!

近所のTSUTAYAでも、サスペンスコーナーとか、Gossip Girls(笑)の隣に並べられたりして、かなり誤解を生んでいましたが、ダウントンアビーは・・・・

(サザエさんなみの)
ホームドラマ
です!(・∀・)
イギリス版「渡る世間は鬼ばかり」という評価もありますw

ホントかなーと思ったら、まずシーズン1の第1話を最初から、ぼーっと眺めていて下さい。
黒髪のハンサムな下僕(使用人)がグラスをトレイ片手に、優雅にダイニングルームから回廊を歩いています。
そう、この頬骨の高い、青い鋭い目の、無表情な彼が・・・

トーマス・バロウ!!!(Thomas Barrow)(*゚▽゚*) 
IMG_3465

時は1912年(タイタニック号が沈んだ年)、トーマスは恐らく20代前半の生意気盛りな若者、グランサム伯爵家使用人でしたが、彼には大きな秘密がありました…(´・ω・`)

ところでダウントンアビーの物語は、階上の人たち(貴族)と、階下の人たち(使用人)の世界が交互したり、重なりあって、独特の世界を織りなしていきます。決して高飛車な貴族の、優雅でスキャンダルな世界だけを描いた話ではなく、むしろその時代の世相や事件をある程度リアリティをもって描いているところがこのドラマの面白さです。

それはともかく、話はグランサム伯爵の長女、メアリー・クロウリーの婿取り話から始まります。クロウリー家は女3姉妹のため、限嗣相続制のその頃は男子のみ遺産を相続できることになっていました。つまり、メアリーは身分的につり合いの取れる婿を取り、結婚して男子を生まなければ、グランサム家を継ぐことができません。

メアリーには遠縁のいとこの婚約者がいたのですが、そのいとこが沈没したタイタニック号に乗っていたことが分かりました。幸いなことにその当時のグランサム伯爵家は、名高い城と広大な所有地を持つ、資産的には裕福な貴族でした。長女メアリーは気丈でプライドが高く、美しい年頃の長女で、遺産目当てと美しいメアリーに、求婚者は多くいるようでした。
そして・・・、そこで第一求婚者として、クロウバラ公爵がダウントンアビーにやってくるのです。


クロウバラ公爵 !!
(Duke of Crowborough)
 
(*海外腐女子ファンが勝手につけた名前がフィリップ・クロウバラ!)
この公爵がまた、一見、素晴らしく優し気な顔立ちの美男なのですが・・・

くせ者!!(`・д・´)
サド公爵とよんでもいいでしょう!とにかく、このサド公爵が、あのトーマスの・・・

過去の愛人!!(゚Д゚≡゚Д゚)ゴルッホー!!!
だったわけですね・・・

はい、これでみなさんも、何となくダウントンアビーが従来のお貴族ドラマとは違うような・・・ということに気付いて下さったでしょうか?

しかしこのトーマスも負けず劣らずくせ者なのです。
一見タフで根性の曲がりのトーマスですが、彼の泣き笑い人生は続きます・・・
ギャラリー
  • ゴッズオウンカントリー 大自然の中で繰り広げられる結構きついボーイズラブ
  • アーサー王と円卓の騎士は古代BLらしい・・・
  • アーサー王と円卓の騎士は古代BLらしい・・・
  • Call Me By Your Name がリアル過ぎ・・・Charmieって(笑)
  • Call Me By Your Name がリアル過ぎ・・・Charmieって(笑)
  • Call Me By Your Name がリアル過ぎ・・・Charmieって(笑)
  • NetflixのBLドラマがすごい(笑)
  • ダウントンアビーのトーマス