日本でも映画公開された「Call Me By Your Name」(「君の名前で僕を呼んで」)

そのままの邦題で分かりやすいですが、それは別として・・・
2018年アカデミー賞では、あの「モーリス」で有名なジェイムズ・アイヴォリーが「脚色賞」を取りましたが、この人はこの映画に関しては、原作を映画化するための脚本を書いただけで終わりました・・・(´Д⊂)

※本当は、自分で監督する予定だったらしいですが、予算オーバーなシチリアでの撮影にこだわりすぎて、ボツったらしく、結局ルカ・グァダニーノが監督をして、このキャストになりました・・・
ファイル 2018-06-30 13 22 39

ところで、撮影から2年、米英欧州など公開から約1年たった今なお、主要キャストの2人が世界中の腐ガールズを騒がせているのは、何故なのか・・・(。´・ω・)?
何故なら、エリオのティモシー・シャラメと、オリバーのアーミー・ハマーの関係がリアルすぎるからか!!?
※ちなみに、カップルネームはCharmie⇒シャーミー(笑) すでに俳優名でネーミングされていました

言わせて下さい もちろん2人ともとってもプロな俳優さんです。
でも、でも、でも、ルカ監督に「演技とかはどうでもいい」「君たち2人が愛し合うところを見たいと言われたらしく、真面目な2人は、「えっっっ」 (゚Д゚≡゚д゚)エッ!?と思ったのでしょうか、。。。

(日大アメフト部ではありませんが)、 
監督の指示にはもちろん逆らえません!!!


「え、いいの?」「じゃあ・・・やるか」みたいな感じかどうかは知りませんが、映画の撮影は2人の最初の出会いから、もどかしい突っかかり、嫉妬、けんか、親密さ、分かりにくい告白、ペロンッキス、じゃれあい、そして愛の結実・・・と、2人の感情が高まっていく様子をリアルに撮影するため、時系列で行ったそう。
そして、アーミーハマーが語る・・・
「僕は、映画撮影が進行する内に、ティミー(ティモシー・シャラメ)に恋に落ちた」.。゚+.(・∀・)゚+.゚
ファイル 2018-06-01 22 59 28

そして、まだまだアーミーの爆弾発言は続く・・・
「メイクアウトの場面は、どのシーンも必ず事前に何回かテイクした」と・・・つまり、ラブシーンは、事前に2人で何回か試してみたという事ですね(笑) 
ちなみに、2人が野原でする初めてのキスも、エリオがペロンっとオリバーの唇を子犬のように舐めますが、これは2回目に撮ったテイクだそうです。これはエリオ(ティミー)が主導したキスらしいですが・・・(やっぱり何度もやってたのか・・・)

この2人は映画が終わった後も、プロモーションツアーやあちこちのテレビのトークショウに引っ張りだこなのですが、このリアルな2人の、息のぴったり合ったコンビがお笑いのようでもあり、幸せそうなカップルのようでもあり、怪しげな親密さもあり、で、特にアーミーの張り切り方がすごい・・・
ティミーも負けずに、「映画撮影中の事は全部言えないよ、だってこんなの実生活で披露したら、アーミーの奥さんが僕に激怒するだろうからね」と言ってました( ゚∀゚)アハハ
映画撮影中に(奥さんには)言えない事をやってた2人・・・
「うそから出たまこと」とは、このことを言うのですね!!違うか・・・

ちなみに一番肝心のベッドシーンですが、2人がどこまでやったか不明です。私の妄想では・・・
ルカ監督「…はーい、カット。もう終わっていいよ」
アーミー「あ、…今盛り上がってて・・・」
ディミー「・・・アーミー、早く・・・」
ルカ監督「さすがにそこまで撮るつもりないから!」(`□´)コラッ!
ファイル 2018-06-01 23 34 04